メニュー

クリニック紹介

当院の特徴

当院は子供のアレルギー疾患を中心に診療を行っていますが、一般小児科疾患の診療も行っています。感染症対策として以下の区域分けをしており、患者さん毎に接触部分の消毒も心がけています。

診察室・待合の区域分け

当院は感染症の患者さん、それ以外の疾患の患者さんのスペースを区域分けしており、入り口や診察室が2つずつあります。クリニック北側入口が受付正面となりますが、発熱・嘔吐などのある方はクリニック東側入口のインターホンを押して案内に従ってください。観察室に案内させていただきます。入り方がわからない場合は正面受付にてご相談ください。

感染症ゾーン

鼻汁、咳、下痢など感染性が疑われる患者さんの診療を行うゾーンです。クリニック北側入口(受付正面)からお入りください。待合いに案内させていただきます。発熱・嘔吐などの方は原則観察室で診察を行います(クリニック東側入口より案内いたします)。

非感染ゾーン

アレルギー疾患を中心に予防接種、検診など感染症以外の診療を行うゾーンです。クリニック北側入口(受付正面)からお入りください。待合いに案内させていただきます。

新型コロナウイルス対策

当院は感染症の患者さんと感染症以外の患者さんの区域分けをしています。同じ区域であっても待合いの席に座られる方には、マスクの着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンスをとっていただくようお願いしています(幼児の方のマスク着用はできる範囲で結構です)。またできるだけ待合いが混み合わないよう、時間帯予約を行っており順番予約は行っていません。

新型コロナウイルス流行地への渡航歴のある方、家族などに新型コロナウイルス感染が疑われる方がいる場合は、前もってお伝えください。観察室で診察をさせていただきます。
新型コロナウイルス感染の確定者との接触歴がある方、コロナ検査を希望される方は保健所に連絡し、指定病院で診察を受けてください。当院ではコロナ検査は行っておりません。

職員もマスク着用の上、手洗いや手指消毒を励行しており、感染対策設備の導入もしていますので、安心して来院ください。

感染対策設備

換気システム

建築基準法に定められる必要換気量を確保しており、絶えず院内全体の空気が入れ替わるようになっております。滞在する人の密度想定によって、1時間あたり3~5回空気が入れ替わるようになっています。

観察室

当院では2部屋あります。陰圧になっており、ウイルスなどの病原体が観察室の外に出ないような作りになっています。他の部屋よりも換気回数が多く、1時間あたり6回以上空気が入れ替わる仕組みになっています。

空気清浄機

TPAフィルター付き空気清浄機を院内に設置しており、ウイルスの1/6の大きさの微細粒子まで除去しクリーンな空気を循環させます。

施設紹介

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME